投資を始める前に準備を整えよう

成果を出すには環境を整えておくことが大切

株式投資を始める場合、スムーズに取引ができるよう事前に準備を整えておくことが必要です。株式投資は的確な判断とすぐに行動に移せることが大事なので、前準備をしておかなくてはなりません。

まずは自分のトレードスタイルに合った証券会社を選ぶことから始めましょう。証券会社は店舗型とネット型の2種類ありますので、担当者と相談しながら購入したいなら店舗型を、好きな時間に好きな場所で取引したいならネット型を選ぶと良いでしょう。
手数料の違いはありますが、自分の足りない部分を補ってくれるメリットが大きいほうを選ぶようにしましょう。

店舗型は電話やメールを利用して取引を行いますが、ネット型は自分でパソコンやスマホを利用して取引を行うため、環境を用意しておく必要があります。パソコンやモバイル端末がない場合は、あらかじめ購入しておかなくてはなりません。

投資資金の用意も必要です。一度の取引で全てを失わないよう、最初は少額から始めるなどの工夫が必要です。投資の上限額や損失上限額を決めておくと、投資を始めてから損失が出た場合でも、冷静に対処することが可能です。

他にもどの銘柄を購入するか、情報収集をしておくようにしましょう。店舗型で購入する場合は担当者からある程度のアドバイスをもらえますが、必ずその銘柄が値上がりするとは限りません。少しでも情報を手に入れておき、担当者と相談しながらどの銘柄を購入するか決めていくと良いでしょう。

投資を始める前に事前準備をしっかりしておくと、リスクを下げることもできますので、成果につながることも多いようです。

インベストメントカレッジで基礎知識を学ぶ

事前準備の一つとして、投資の基礎知識を頭に入れておくことも必要です。書籍やインターネットから学ぶこともできますが、独学だと間違えた知識を身につけてしまうこともありますので、信用性の高いものを選んで学ぶようにしましょう。

独学では不安があるという場合は、プロのトレーダーに教わってみるのがおススメです。これまで実際に成果を上げているプロのトレーダーが、自分の経験値や実績を元に教えてくれますので、実践に役立つことも多いのではないでしょうか。

多くの投資ツールを販売しているインベストメントカレッジでも、トレード術の教育プログラムを提供しています。
現在も専業トレーダーとして活躍するプロトレーダーが、自分のトレード経験を検証・記録し、現在も追求し続けているトレードのノウハウを学ぶことができます。
教育プログラムだけでなく、ブログや書籍などからもトレード情報を発信しているようです。